トータルフィットネスサポート 会社概要採用情報サイトポリシーお問い合せ
完全個別指導型フィットネスジム
CONTENTS
HOME > ストレッチングについて

ストレッチングについて


ストレッチングは柔軟性を向上させる有効な手段ですが、関節の安定性が失われるところまで可動域を広げてしまうと、傷害を引き起こしやすくなることもあります.
自分に合った最適な柔軟性を獲得するには、フィットネスクラブなどでトレーナーの指導を受けながら正しいやり方でストレッチングを行うことが大切です.
ストレッチングは大きく分けて静的なものと動的なものがあり、それぞれ効果が異なるため目的によって使い分ける必要があります.

静的ストレッチング

ゆっくりと一定のスピードで行い、最終姿勢で通常30秒間保持する一般的なストレッチングです.
静的ストレッチングは、反動を用いたストレッチング(バリスティックストレッチング)に比べ、安全に行うことができます.
しかし、走る、跳ぶ、投げるなどの動的活動を行う直前に静的ストレッチングを実施すると、筋力発揮が低下するなど、パフォーマンスにマイナスの影響を与えることが研究によって報告されています.
トレーニング後は筋肉が縮まった状態(残余収縮)になりやすいため、静的ストレッチングで筋肉をもとの長さに戻すことが大切です.
なお、保持する時間を30秒から60秒に増やしても、柔軟性の向上には変化が起こらないといわれています.

動的ストレッチング

反動をつけずに、動きながら柔軟性を高めるストレッチングです. スポーツやトレーニング種目に類似した動きを取り入れることで、身体が動きやすくなります. トレーニング前に、動作能力を高めるためには動的ストレッチングが最適です.

【参考文献】
Allen Hedrick. 第12章 柔軟性、自重、スタビリティボール・エクササイズ. NSCAパーソナルトレーナーのための基礎知識 第2版. 特定非営利活動法人NSCAジャパン. 2013.

石井直方ほか. トレーニング用語辞典 新訂版. 森永製菓株式会社健康事業部. 2001.

栃木県宇都宮市にある完全個別指導型フィットネスジム「トータルフィットネスサポート」では、トレーニングに関する幅広い知識と指導技術を持ったパーソナルトレーナーが、あなたの目的に合った最適な運動をご指導いたします。運動経験が全くない初心者の方やお子様、ご高齢の方でも安心してご利用いただけます.
現在、無料の個別カウンセリングを実施しておりますのでお気軽にお問い合わせください.
また、運動以外の食事管理や生活習慣の改善方法、メンタルサポートなどもお客様のご要望に応じて徹底的にサポートいたしますので、効率良く結果を出したい方は是非一度お越しください!